10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Pythonesque

空は飛べません。

--

--/--

--.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     comment: --

Page top△

2011

07/25

Mon.

小型軍用車10HPティリー #6 ~おっさんを塗ったけどほぼ見えない~  

夏は暑いし、汗をかくしイヤな季節ですね。
いや、言うほど嫌いな季節じゃないんですが、

「汗をかく」

この1点のみが全てを台無しにしているんです。

ご存じの方もいるかと思うんですが、実は私スキンヘッドでございましてw
汗がねー、止まらないで全て垂れてくるのよ。
髪の毛は偉大ですよ。
直射日光下で帽子もかぶらないでいた日にはそりゃー大変なことになるし、
ちょっとぶつけたらこの世の終わりじゃねーか?ってくらい痛いし、
ぶつけ方、ぶつけどころによっちゃ流血するわけですw
いや、ほんとにすぐに血が出るんです。

もともとそれなりの長さがあったんですが、
「短い方が楽だしー」で短くなり、
短いとマメに美容院行かないといけないわけで、
「美容院めんどくせーなー」でバリカン購入してセルフ坊主になり、
当然、刈るたびにバリカンを出して片づけてって作業が発生するわけで、
「バリカン出すのめんどくせーから、ひげそりついでに一緒に刈っちまえ」
でスキンヘッドなわけです。
至極合理的だと自分では思っているんですが、あんまり同意を得られたことはないですw

毎度、前置きが長くなりますがティリーです。
最終回です。
どうせよく見えないので、おっさんの塗装はそれなりに済ませます。
合理的にw

インスト通りに塗装して、車に収めてみる。
ほら、よく見えないw

窓枠が…

それにしても窓ガラスが汚い。
そして、窓枠の色がw

横から。

カッコヨス

ほーら、よく見えないw

ちゃんと塗ったんだよ!
ってことで幌を外して後ろから撮ってみる。
キャビンがちゃんとはまってないw

哀愁漂うおっさんの背中

毎度毎度フィギュアを塗るたびに思うんですが、もう少しツヤを無くしたい。
いつもガイアカラーのツヤ消しクリアーを最後の仕上げに使ってるんですが、
今一つツヤが落ちないんですよね。。。
クレオスで新しいツヤ消しクリアが出たみたいなので、今度試してみようかな。

ティリーはこれにて終了とします。
スポンサーサイト

Posted on 15:51 [edit]

category: 小型軍用車10HPティリー

Page top△

2011

07/19

Tue.

小型軍用車10HPティリー #5 ~あと少しで完成も大失敗~  

最近は休みの日でも朝寝坊と言うやつが出来なくなってきていて
って言うのも昨日までの3連休において、

「アラームをセットしたわけでもないのに3日間とも6時半より前に起きてしまった。」

からで、嫁さんに言わせればそれはジジイになった証拠だと。
認めたくはないんですが、それは違う!と毅然とした態度でそれを否定する根拠もないわけでw
んまー、しょうがないな、そんなもんだよな。って感じです。
かくいう嫁さんは休みの日は朝寝坊をするタイプで、

「そんなに寝てばっかで、脳細胞死にまくってんじゃねーのか?」
「もう減っていく方が多いんだぜ?」

と言ってやっていますが、あまり堪えていないようです。
たぶん、脳細胞が残りわずかなのでしょうw

実はこの製作記はリアルタイムな感じではなくバックデートな記事でありまして、だいたい1か月~1ヶ月半遅れくらいです。
なので、製作開始!完成したよ!全2話なんてことも可能なのですが、
逆に同じ内容で引っ張ることも自由自在ですw
毎度毎度適当な感じなのは、思い出しながら書かないといけないからで、
特に混色して色を作ったときなんかは、その傾向が顕著になりますw
それは記録も記憶もしてないからw

だいぶ前置きが長くなりましたが、ティリーですがまだ完成記事ではありませんw

ほめてもらった木製のあおりにデカールを貼ります。
クレオスの青い瓶のほう、マークセッターでしたっけ?あれをいつも使ってます。
マークソフターはよっぽどデコボコの面に貼るときじゃないと使いません。
調子に乗って「うお!フニャフニャになってきたぜ!」って感じで
粉々になったことがあるからですw

デカールを貼ったよ!

この程度の木目だったらマークソフターなんかの手助けを借りなくても
ぴっちりフィットさせられます。
木材の留め具的なやつはディティールをはっきりさせるため軽くドライブラシをしています。
確かデッキタンとかそんな色でしました。

別で塗装しておいたタイヤをはめて、前の部分のデカールも貼ります。
これくらいの曲面ならマークソフt(ry

前はしくじってレベルが合ってないよ!

適当にやるからこんなことになるわけで、
左右でデカールの高さが違いますw

別で塗装していた後部座席を取りつけます。

後部座席は座り心地悪そうだよ!

乗り心地悪そうですw
軽くウォッシングしてあります。

透明パーツのガラス部分を取りつけるんですが、ここで事件が発生。
枠を塗り忘れていましたw
ボディーと同色にしないといけないんですが、ボディーの色は適当に混色して作った色なので再現はほぼ不可能。
適当にこんな具合だろ!って塗ったらまったく違う色にw
マスキングの写真を撮った気がするんですが、ありませんでした。
方法は
まず全体をマスキングテープで覆ってしまい、窓枠のエッジのところを爪でグイグイと押しつけてそこをボールペンでなぞります。で、剥がします。
で、ボールペンでなぞったとこをデザインナイフで切り取ります。
これで窓枠の形のマスキングテープが完成。
多少はみ出てもナイフの先でカリカリ!とやれば取れますのでお手軽です。

大失敗したよ!でも凹んでないよ!

窓枠の塗装が済んで、取り付ける前にパパッと汚しちゃおうってことで、
今回はタミヤのウェザリングマスターでちゃっちゃっと。
さーて窓を取りつけるぞ!って取り付けたんですが…。

「透明パーツを扱うときは手を洗ってからやろう!」

まして汚しをした後にやるのは自殺行為ですw
窓ガラスも汚れてんだよ!と言うことにして、あとはおっさんを塗装して乗せて完成です。
では。

Posted on 12:21 [edit]

category: 小型軍用車10HPティリー

Page top△

2011

07/11

Mon.

小型軍用車10HPティリー #4 ~ロンドン仕様は木仕様~  

ロンドン市内で運用された仕様にするよ!なティリーですが、
あおりの後ろの部分と荷台の部分は「木」なようです。じゃなくて「木」です。
俗に言う戦車の類でもスコップの柄とか材質が木の部分というのはあったりするんですが、ものが小さいだけに、適当にパパッ!と塗装してもそれなりな感じでそれなりに仕上がるので、あまり深く考えて塗装したことはありません。
見る人が見たらそれなりじゃないんでしょうが、あくまで私基準な話で。

しかーし、今回はけっこうな面積の塗装をしないとなりません。

面積が面積なので目立ちそう。と言うことでカッコよく塗ってやりたいのですが、そんなにテクニックも引き出しもあるわけじゃないので、いつもどおりに塗ってしまいます。アクリルの木甲板色をムラムラに塗って、そのあとに下地が透けるくらいに希釈したレッドブラウンとかクリアオレンジを塗り重ねるってやつです。

木はこんな具合だ

意外とオレンジがきつい。
内装もポチポチ塗って取りつけています。イスとかです。
あと消火器は赤にしました。
モンツァレッドですよトラックなのにw
モンツァレッドをこんなちっこいパーツのためだけにブラシで吹きましたw
あまりにオレンジがきついので、「ニス塗りたての新品」ってことなら
これでいいのでしょうが、イヤなのでw
エナメルできったない茶色を適当に作って、ウォッシングしまくりました。

割れた。

木目に濃い色が入って、ちょっとは使い古し感が出たでしょうか?

いきなり幌がのっちゃってますが、気にしないでくださいw
幌は指定色で塗って、ハイライト吹いてウォッシングしただけのお気楽仕上げです。
ティッシュをのせて木工用ボンドで布感を出す。なんて方法もあったりするようですが、木目の再現に夢中になってて普通に塗ってしまいましたw

あ、あと、バンパーが知らない間に割れてました。
が、気にしないことにしますw

幌は適当にやっつけた!

きったない茶色を作ったついでにその色でウォッシングとスミ入れして、
装備品を塗り分けました。と言ってもルーフにあるスコップくらいです。

もうピンクにしろとか言われる心配はないでしょう。
と言うか、もうティリーには興味はないようで、
ワンピースのサウザントサニー号を作れとか言い出しています。
まともに取りあうとキリがないので無視ですw

あんまりガッツリ汚すつもりはないので、あと少しで完成です。
では。

Posted on 13:45 [edit]

category: 小型軍用車10HPティリー

Page top△

2011

07/05

Tue.

小型軍用車10HPティリー #3 ~とにかく塗ってしまうことにした~  

最近、新しいエアブラシともう少しガッツある圧のコンプレッサーが欲しいな~
などと思いながら、しかも未だ出ることも決まっていないボーナスへの夢を膨らませながら、WEBを徘徊していたら、最近はエアブラシで化粧したりするのがあるみたいです。
ミスト状に吹きつけるんで、乗りは良さそうな気はしますが、
自分で見ながら出来んの?って気もします。

「よーし、今日のシャドウはジャーマングレイで塗っちゃおうかな。」
「チークはレッドブラウンにハルレッドを混色して、ちょっとビビッドな感じに。」

みたいな感じでしょうかね。違うでしょうけど。いや絶対違う。
ほんとはどっちでもいいw

友達にネイルをする子がいるので、いつか絶対にドイツ3色迷彩で塗ってやろう。
てかネイルチップを買ってきて勝手に塗装して、これを付けろ!ってすればいいんだなw

しつこくピンク、ピンク言われているティリーですが、
インストのロンドン市内で運用された仕様に塗装することにします。
理由は迷彩じゃなくて単色だからw
が、しかし何やら色を混ぜ混ぜして作らないとならないらしく、
しかも箱絵に見本がないので、

「どんな色なのか想像がつかない」

インストの指示通りな感じで適当に雰囲気一発で混色して塗ります。
塗ってしまいます。こまけーことはいいんだよw
サフ&影吹きもしたんですが、写真がないです。
で、こんな感じの色に。いつものようなグラデ塗装。

塗っています。

あー、なんとなく軍用車っぽいし、これでいいや。
後ろの荷台とかも同じように塗装して、ガマン出来ない感じで仮組みしてみる。

我慢できずに組んでみる

後ろ姿。

我慢できずに組んでみるその2

ピンクになんかさせねーよw
ピンクで塗ったら、ホットドッグとかクレープとか売ってる車みたいになりそうだし。
というわけで細かいパーツを塗り分けて、一気に仕上げてしまいます。
続きはまた。

Posted on 20:28 [edit]

category: 小型軍用車10HPティリー

Page top△

2011

06/28

Tue.

小型軍用車10HPティリー #2 ~持ち手とか必要な模様~ 

なんとなくスキンを黒いやつにしてみました。
心なしかプラモデルも上手になったような気がするw

で、ティリーなんですが、勝手にプリクラとか貼られたらかなわないので、
さくさく作り終えてしまわないといけません。
だいたい何のプリクラを貼ろうとしてるんだかw

インストをガン見していると、全部組んであとで一気に塗装ってのは無理そう。
なので組み立てながらの塗装をします。

いきなりのエンジンの塗装が済んでマスキングまで済んでるの図w

裏はこんなん。

雑w
あとで汚すだろうし、裏側だしこんなんでいいんじゃないかと。
ちなみにボンネットを開けるつもりがなく、裏側がどうなってるかとか気にしなければ
エンジンの塗装はしなくても大丈夫ですw

おおまかなパーツの分割はこんな感じ。
バラバラで塗装してあとで組むだけで済みます。これはありがたい。

マスキングめんどい

他のパーツは持ち手を付けておきました。

久々の持ち手登場w

いまだに積みプラ状態でいっぱいあるんですが、実はガンプラも作ったりするので、
持ち手だけはたくさんあるんですw
持ち手をいちいち付けるのが面倒でガンプラは縁遠くなっちゃったってのが
本当のところなんですが。

何種類かの塗装パターンがインストに指示されていますが、
ロンドン市内で運用されてた仕様にする予定です。

いつも通りの雑な製作記はもう少し続きますw

Posted on 16:22 [edit]

category: 小型軍用車10HPティリー

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。