05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Pythonesque

空は飛べません。

--

--/--

--.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     comment: --

Page top△

2011

06/28

Tue.

小型軍用車10HPティリー #2 ~持ち手とか必要な模様~ 

なんとなくスキンを黒いやつにしてみました。
心なしかプラモデルも上手になったような気がするw

で、ティリーなんですが、勝手にプリクラとか貼られたらかなわないので、
さくさく作り終えてしまわないといけません。
だいたい何のプリクラを貼ろうとしてるんだかw

インストをガン見していると、全部組んであとで一気に塗装ってのは無理そう。
なので組み立てながらの塗装をします。

いきなりのエンジンの塗装が済んでマスキングまで済んでるの図w

裏はこんなん。

雑w
あとで汚すだろうし、裏側だしこんなんでいいんじゃないかと。
ちなみにボンネットを開けるつもりがなく、裏側がどうなってるかとか気にしなければ
エンジンの塗装はしなくても大丈夫ですw

おおまかなパーツの分割はこんな感じ。
バラバラで塗装してあとで組むだけで済みます。これはありがたい。

マスキングめんどい

他のパーツは持ち手を付けておきました。

久々の持ち手登場w

いまだに積みプラ状態でいっぱいあるんですが、実はガンプラも作ったりするので、
持ち手だけはたくさんあるんですw
持ち手をいちいち付けるのが面倒でガンプラは縁遠くなっちゃったってのが
本当のところなんですが。

何種類かの塗装パターンがインストに指示されていますが、
ロンドン市内で運用されてた仕様にする予定です。

いつも通りの雑な製作記はもう少し続きますw
スポンサーサイト

Posted on 16:22 [edit]

category: 小型軍用車10HPティリー

Page top△

2011

06/21

Tue.

小型軍用車10HPティリー #1 ~これを作れと言われました~ 

いつだったかの休日に買い物に行ったわけなんですが、
溶剤がそろそろ無くなりそうだったことを思いだして、
「ちょっと買いたいものがあるからヨドバシカメラに寄らせてくれ」
というわけで嫁さんとヨドバシカメラに行ったんです。

ヨドバシってガンプラばっかで、AFVとかはあんまないんだよなー
などとプラモデルコーナーに立ち寄ったところ嫁さんが

「これを買って作ってくれ。」と何やらミリタリーな働く車を指さしております。

イギリス小型軍用車 10HP ティリー

ティリーですよ。
※画像はタミヤさんのサイトから拝借しました。

凛々しい面持ちのおっさんがこっちを見ております。
ソフトスキン(と言うらしい)は作ったことないし、やってみようかなーと。
「買ってくれんの?」って聞いたら「それとこれとは別」と食い気味で言われてしまったので、
さくっとポイントで買ってきました。

「ピンクに塗れ」とか「プリクラを貼れ」とか
よく分からないことを言ったりしてた気がするんですが、
「ああ、そうだね」的な心のない生返事で軽くスルーして普通に作ることにします。

次回以降はあんまり役に立たない製作記になります。
では。

Posted on 11:11 [edit]

category: 小型軍用車10HPティリー

Page top△

2011

06/13

Mon.

4号突撃砲初期型 #6 ~パステルとかでちょこちょこ汚して完成~ 

いつものようにパステルです。
ヌーベル・カレーとかいうメーカーのやつです。
足回りを中心にアクリル溶剤でドロドロに溶いたパステルを塗りたくりました。
いつのまにか履帯がはまっちゃってるところはスルーしてくださいw

もう少し派手にやっちゃってもよかったか?

マズルブレーキでしたっけ?黒くしすぎw
履帯の汚しはドロドロのパステルが乾かないうちに粉状のパステルをまぶしたりとか
そんな感じで仕上げました。3色くらい使った気がします。
転輪のところはあからさまに筆目が残った状態でパステルが付いてしまったので、
歯ブラシでゴシゴシやってたらあらかた取れちゃって、妙に小奇麗な感じにw

この角度!

マフラーは赤っぽい、茶っぽい、黒っぽい、要はサビっぽいパステルを粉のままこすりつけて、
溶剤を垂らして定着させました。
初登場のシュルツェン。
ちゃんと塗装して汚しました。が、付けた姿はあんまり好きじゃなです。
カッコ悪くないですか?

シュルツェンもやってあります

あとは履帯とか軌道輪の歯とかにエナメルのメタリックグレイでドライブラシしたり、
ちょこちょこ汚しを追加したりして完成です。
実験台じゃ!と言いつつ、あんまりいつもと変わり映えしない感じに仕上がってしまって、
もうちょっと色々チャレンジすればよかったかな~などと今さらのように思っております。
こんなお気楽仕上げが私にはあっているんでしょう、きっと。

毎度気乗りしないおっさん

おっさんも塗りました。
インストの塗装指示は「箱絵を参考にして塗れ」とだいぶざっくりした感じだったので、
ざっくり塗ってやりましたw

Posted on 11:19 [edit]

category: 4号突撃砲初期型

Page top△

2011

06/06

Mon.

4号突撃砲初期型 #5 ~退色表現?とかいうのをしてみた~ 

世の中便利になったもので、欲しい情報とか必要なものはネットで検索して
簡単にちょいちょいちょいと手に入ってしまったりします。
これはこれで逆に困ったことと表裏一体な気もしてて、
何が自分にとって最も必要なものなのかが、すごくぼやけてしまうというか、
手に入る情報に対して、その内容を精査することに頭が参ってしまったりするわけですw

模型に関してもよーわからん単語が飛び交っておりまして、
ウォッシングだのエイジングだのフィルタリングだのフェーディングだのカラーモジュレーションだの
なんか「新手の化粧品か!」みたいな感じです。
ヘアースプレーを使って塗装を剥がす技法とかもあるみたいで、
「ケープが一押し」らしくリアルによく分からない状態ですw

さてさて犠牲実験台になってもらいましょうな4号突撃砲ですが、スミ入れをしました。

激しく滲みまくりw

まるで和紙にやってるかのようです。クリアとか吹いて少しは表面をならしておけばよかった。
ここまでは想定内ですが、初チャレンジ技法です。
退色表現ってやつをやってみます。油彩です。
ようは色褪せってことだと思うので、それっぽい色をちょんちょんとのっけて…

こんなんでいいのか?

溶剤を含ませた平筆で伸ばしていきます。
ガッサガサなのでうまく伸びませんが、なんか楽しいw

でりゃっ

ベースがダークイエローなんで、あんまりはっきりとした効果が出た!
って感じにはなりません。
が、なんとなく日焼けして色が落ちちゃったよ的な雰囲気にはなった気が。

んー、あんま変わらん気が。

使う色と場所をうまくやれば、もっといろんな表現が出来るんでしょうが、
何事も経験ってことでw
油彩を使ったついでにチッピングもしました。
台所スポンジを使ったチッピングの按配がよいようなのですが、
ちょうどよい感じのものがなかったので、アクアリストにはおなじみの
エーハイムの青いスポンジ
を小さく切ってやってみました。もうなんでもありですw

こころなしかしらっちゃけた気が。

んー、こんなもんでいいのか?
って、この写真じゃよく分かりませんね。
自然な感じでチップが入るのはいんですが、あまりにもどこに付くか分からないので、
なんとなく気持ち悪い感じですw
変に作為的な感じになるよりはいいのかもですが。

もう少し汚して完成にしようと思います。
では。

Posted on 14:25 [edit]

category: 4号突撃砲初期型

Page top△

2011

06/02

Thu.

4号突撃砲初期型 #4 ~迷彩にしてしまうことにした~ 

紆余曲折ってほどでもない数々のトラブルの末、
晴れて実験車両となったというかそう決めた4号突撃砲ですが、
あんまりデータというか参考になるような資料がないんですよね。

なので、初体験の迷彩塗装にしてやることにしましたw

実はダークイエローを塗ったときに、
「今まで作ったやつより、もうちょっとマットな感じにしたいな~」
なんて思って、基本色にフラットベースを入れたんですが、
入れすぎたようで思いっきりマット&ガサガサにw
こ、これは…ってくらいガサガサで、この状態だと間違いなくスミ入れも滲むだろうし、
ウォッシングしてもまずふきとることは出来ないだろうと。

そんな具合なので、んまー色々やってみようとw

ダークイエロー+レッドブラウンの2色迷彩にすることにしました。
4号突撃砲にそんな塗装の車両があったのかは知りませんが、
年代的にはあるんじゃなかろうかと。

ラッカーのレッドブラウンを薄めに希釈して、
エアブラシの圧を下げて、細吹きで雰囲気一発でヘロヘロと塗っていきます。
何度かなぞって太くしていって…
ガンプラのMAX塗りみてーだな。

こんなんでいいのか?

とりゃ

参考になるものが何もないので、
どれくらいやったらいいのか分かんないし、どこでやめていいかも分かりません。
んまー、いっかってことで後ろはこんな具合。

でりゃ

塗装中に左後ろのフェンダーが取れて、あわててくっつけたので
曲がったまま接着されていますw
その後OVMをアクリルで塗り分けて、全体像はこんな感じに。

なかなかいいんでないか?

ハッチの裏にも迷彩のラインを塗っちゃったけど、
よく考えたら内側には塗られてないよね、きっと。
OVMの塗り分けは、ワイヤーとかスコップとかの金属部はクレオスのダークアイアンで、
木部は毎度どうするか迷うんですが、タミヤアクリルの木甲板色を下塗りしてその上にアクリルのクリアオレンジとレッドブラウンを混ぜたものをムラムラに塗りました。
パレットに2色出して混ぜながらというか、そんな感じです。
あえてのムラです。決して筆塗りが苦手なわけではありませんw

実験はまだまだ続きますw

Posted on 17:46 [edit]

category: 4号突撃砲初期型

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。