02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

Pythonesque

空は飛べません。

--

--/--

--.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     comment: --

Page top△

2012

03/31

Sat.

メーベルワーゲン #1 ~いきなりの完成1話完結~  

4号対空自走砲メーベルワーゲンです。

タミヤのやつです。
何で買ったのか覚えてません。
たぶん、何か買ったついでで安かったとかそんな感じかと思います。

製作記事ですが、今回はナシですw
惰性でほかのプラモの合間に作ってたので、どんな感じだったのかとか
ほとんど覚えてないんですよねw
覚えているのは

・迷彩塗装を失敗した。
・ウォッシングしたときにパーツがゆがんだり、砕けたりした。
・パーツ止めるダボを間違えて切り飛ばしていろいろ難儀した。


よーは、ロクなことなかったんですよw
そんなわけで完成写真だけです。

sdkfz161a.jpg
sdkfz161b.jpg
sdkfz161c.jpg

ダークイエローの色目と対空砲を設置してる中の部分のムラムラな感じは好きなんですけどね。

だんだんと完成品が増えてきてるので、
小奇麗にディスプレイしたいなーとか思ってるんですが、
みなさんどうしてるんですかね。
ガンプラやフィギュアのディスプレイとかはWEBでもよく見かけるんですが、
AFVを飾ってるのって見たことないので、ちょっと気になったり。




スポンサーサイト

Posted on 11:16 [edit]

category: メーベルワーゲン

Page top△

2012

03/19

Mon.

ハノマーク兵員輸送車C型 #7 ~いろいろすっとばして完成~  

相変わらず、途中の製作模様が著しく割愛された状態でお送りしていますが、
いろいろすっとばして完成ですw

せっかく5体もフィギュアが付いているんで、情景作品にしましょうってんで、いつか役に立つだろうとなぜか大量に購入してニス塗りまで済んでいるアガチス材の飾り台を使います。
適当にサンディングして目止めしてワシンの水性ニスを激しく重ね塗りしてあるものです。ハケが無いので、ウエスで塗りましたw

マスキングして、地面になるところをそれっぽく切り取ります。


壁補修材のドフィックスを塗りたくって、生乾きのときに車体の後を押しつけました。おっさん達の足跡もついでにしています。
sdkfz251-1vi2.jpg
何やら気持ちの悪いツブツブは、鉄道模型のバラストに使うやつが家にあったので、適当に巻いたものです。

ブラシで適当に塗りますw
sdkfz251-1vi3.jpg

そしてもろもろの作業が済んでいきなりの完成w
sdkfz251-1vi4.jpg
車両はタイヤ部に、フィギュアは足の裏に真鍮線を打って固定しています。

草っぽいやつはスタティックグラスを水溶きのメディウムで固定したものですが、色が微妙なので、今思うと塗装すればよかったなーって感じです。
sdkfz251-1vi5.jpg
フィギュアと車両はパステルでそれっぽく汚しました。

今、まさに飛び降りようとしているおっさんの目線が激しくおかしいですねえ。
一人だけ明後日の方向へ突撃しようかという雰囲気ですw
sdkfz251-1vi6.jpg
首チョンパして少し右を向かせるか、車両を右斜めに傾いで固定すればよかったですね。
まーまー、ビネットなんて作ったの初めてだし、何も考えないで勢いだけで仕上げたので、
こんなもんでヨシとしますw

Posted on 16:57 [edit]

category: ハノマーク兵員輸送車C型

Page top△

2012

03/16

Fri.

ハノマーク兵員輸送車C型 #6 ~写真ばっかりでタメにならないフィギュア塗装~  

予告通りにフィギュアの塗装です。
5体もついてやがりますので、まとめてやっつけます。
フィギュアの塗装をWEBなんかで見てるとすごい人ウマイ人がいてびびるんですが、
しがないリーマンのお気楽モデリングの域を出ようともしてない私には、当然ながら無理な相談なのでそれなりな感じに塗装して済ませてしまうことにしまいます。
そのくせ無駄に写真が多い上にあんまり役に立ちませんw

なんだかんだ言ってキットのままなのもさみしいので、
銃火器関連にスリング付けてみました。
釣りで使う板オモリを細切りにして瞬着でつけてただけですがw

厚みが気になりますが、それよりもうちょっと細く切ればよかった。
反省しつつも直さず、ディティールアップはこれで終了w

装備品とかも全部接着しちゃって、気になる合わせ目はパテで処理して、
袖口とか少し彫り込んでサフります。
sdkfz251-1fig2.jpg

下からフラットブラックでシャドーを吹いておきます。
sdkfz251-1fig3.jpg

フラットフレッシュで顔と手をシュッと。
sdkfz251-1fig4.jpg

顔の陰影を付けるのに油彩を適当にまぜまぜした茶色チックな色をベターっと。
ちょっとコワイw
sdkfz251-1fig5.jpg

綿棒とかキレイな筆で拭うように拭き取ります。
塗って拭いてを繰り返してこんな具合。
sdkfz251-1fig6.jpg

目を入れたりなんやかんや、いろいろ工程がすっ飛んで、こんな具合w
sdkfz251-1fig7.jpg
軍服はアクリルを筆でベタ塗りしてしまったので、
せっかく付けた陰影が無意味にw
アクリルは塗膜弱くてハゲてきちゃうし、触ってるとツヤが出てきちゃうしあんま好きじゃない感じです。
触んなきゃいいんですけどねw
この後こまごま塗り分けて、エナメルで陰影付けたり、ハイライト入れたりして
フィギュアは完成したんですが、その作業の写真が無いw

それがここのクオリティってことで、ハノマークはもう少し続きます

ではノシ

Posted on 17:15 [edit]

category: ハノマーク兵員輸送車C型

Page top△

2012

03/05

Mon.

ハノマーク兵員輸送車C型 #5 ~端折りすぎの汚し塗装な記事~  

毎度毎度、見てる人のことを考えていないというか
模型製作ブログとしてこのブログを見た場合に製作記録としての体をなしていないんですが、作ってるときは何にも考えていないので、1工程終わるたびにパチパチ写真撮ってそれで仕舞なんですよね。
なので、作った本人も同じものをもう1回作れと言われても出来ないという罠w

そんな状態にも関わらず、見てくださる方はいるので、
出来る限り記憶をさかのぼってそれっぽくしたいと。何をもってそれっぽくと言うかは不明ですw

前回基本塗装まで済んだのでウォッシシングというかスミ入れというか
エナメルバシャバシャな工程です。
右側のフェンダーポールがもげちゃってますw

ウォッシュというかそんなん

終了の写真しかないw
最近、俗にいうウォッシング的なことはしてなくて、
車体下部は後で粉で汚すことが多いので、あとでぼやけちゃわないように濃い目のウォッシュ液を塗りっぱなしで、上半分は重力方向にささっと縦筋描いて、あとで溶剤でそれっぽく拭き取る。
そんな感じでやってます。綿棒知らずですw

続いて油彩でフィルタリング。
ちょんちょんと適当な色をのせてグリグリ伸ばしたり、拭き取ったりして
面に表情をつけていく感じでやっています。
今回はホワイト、イエローオーカー、バーントアンバーです。

のばす!

写真にある色だけじゃなくて後で違う色を足したり、拭き取ったりとあれこれグリグリやってるうちにそれっぽくなってきますw
車体のエッジにはドライブラシ的なこともかましておきます。

あんまかわらんな。

具体的にはペーパーパレットに上で書いた色も含めて何色か出しておいて、
パレット上で混ぜたりしながらチョンチョンと付けてきれいな筆で伸ばしたりって具合です。
分かりにくい説明だなw
最近思うのがスミ入れは油彩でフィルタかけたあとにやったほうがいい気がしています。
油彩は乾くと溶剤じゃ溶けないし、スミ入れした後に油彩でグリグリしてるとだんだんボケてきちゃう気がして。
ってこう思うようになったのは最近なので、この順番で作成されるのが今作ってるやつからですねw

続けてチッピングを入れます。
エナメルのジャーマングレーとか油彩のローアンバーとかバーントシェンナとかです。

いきなりのポンコツ仕様w

面相筆で描き込んだり、スポンジでポンポンしたり、溶剤で溶かない油彩をちょっとのせて、溶剤含ませた筆で伸ばす。とかそんな感じでやってます。

廃車といわれますたw

入れすぎた模様w
ツイッターで写真入りでツイートしたら「廃車?」とか言われましたが、
廃車に見えるってことはそれはよいことなのではないかと。
廃車にみえるほどチップを入れなきゃいいわけですからw
前向きすぎ?

次回は足回りの汚しはひとまずおいておいて、フィギュア製作に移ることにします。

ではノシ

Posted on 19:06 [edit]

category: ハノマーク兵員輸送車C型

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。